24系「小坂鉄道レールパーク ブルートレインあけぼの」

目次

・A寝台
B寝台ソロ
B寝台
「ブルートレインあけぼの」へのアクセス

24系「小坂鉄道レールパーク ブルートレインあけぼの」

かつて上野から青森までを上越線・羽越本線・奥羽本線回りで結んだのが「あけぼの」ですが、この「ブルートレインあけぼの」はその客車を使って2015年にオープンした宿泊施設です。

この「ブルートレインあけぼの」の特筆すべき点は、何といっても24系寝台車が「動く状態」で保存されていること。昼間は、この客車が保存されている「小坂鉄道レールパーク」のホーム突端にある車両展示場で公開されていますが、夕方チェックインの時間と、翌朝チェックアウトの時間に、小坂駅ホームに機関車牽引で移動され、宿泊者は「動く24系」に乗車することができます。

さて、このページでは「動く24系のホテル」こと「ブルートレインあけぼの」の車内を、細部まで詳しく見てみることにしましょう。

モケット

(左)モケット (右)カーテン

撮影日時・場所

撮影日:2016年07月09~10日

撮影場所:24系25形「小坂鉄道レールパーク ブルートレインあけぼの」車内

備考

当サイトで紹介している内容は、取材した2016年当時の内容です。現在は車内での過ごし方など各種規定などが変わっている場合があるため、最新情報は公式サイトをご確認ください。

A寝台「シングルデラックス」

ではまず、「あけぼの」の最上位クラスであったA寝台「シングルデラックス」から見ていきます。保存車にはスロネ24 551が選定されていますが、この車両は元々開放型A寝台であったオロネ24に出自を持つため、側面にはその面影が残っているのが特徴です。

ブルートレインの「シングルデラックス」は全国的にもこの小坂が唯一の存在であり、貴重な“生き残り”の車両と言えます。

個室に入っていきます。チェックインの時間が17:00と(寝台列車にしては)早めなこともあり、デフォルトではご覧の通り「座席状態」でセットされています。

車窓から見える旧・小坂駅構内の景色も相まって、乗車した雰囲気はもう「寝台列車」そのものと言っても過言ではありません。

背もたれ部分を倒してベッド状態にした様子(左/上)とベッドメーキングした状態(右/下)になります。ベッド幅は76cmB寝台+6cmですが、実際に横になってみると数値以上の広さを感じました。ベッドメーキングはセルフサービスとなっており、個々人が横になりたい時間にセットすることができます。

ちなみに深夜の消灯時間が近くなると、「模擬 おやすみ放送」がスタッフの方により放送されます(※)。ブルートレインでの時間に華を添えるサービスと言えそうです。

(※「おやすみ放送」は都合や状況により実施されない場合もあるそうです)

補助ベッドの全景(左/上)と展開状態(右/下)。

「シングルデラックス」は各個室内に補助ベッドが設けられており、最大2名で利用することができました。小坂鉄道レールパークでも、現役時代と同じく追加料金を払うことで2人での宿泊が可能です。

現役時代は、読んで字のごとく「シングル」での利用が多かったようで、この補助ベッドの使用回数はそこまで多くなかったようです。何度か「あけぼの」に乗車した限りでも、この補助ベッドは年数のわりに妙にきれいだった記憶があります(→「余談」も参照)

【余談:さやけき補助ベッドの保存後に】

小坂鉄道レールパークでは、シングルデラックスのほかに「ソロ」にも宿泊できますが、あちらは完全に一人用の個室です。複数人数で泊まれる個室は「シングルデラックス」一択なためか、私の取材時における「シングルデラックス」のメインの利用者層は、(特に注意して見ていたわけではありませんが)家族連れやカップルでした。

この補助ベッド、意外と小坂に来てからの方が本領を発揮しているのかもしれません。

個室内の設備

ベッド脇にはテーブル(左/上)、車内設備の操作パネル(右/下)が備わります。操作パネルの各スイッチは現役時代と変わらず使用でき、「時計は使えません」という表示がありながら実際にアラームも鳴動しました(いずれも取材当時)

このほか、現役時代はラジオやBGM(イージーリスニング)が提供されていましたが、小坂への移設後は特に何も再生されていないようです。

姿見用の鏡(左/上)とSOSボタンほか(右/下)。宿泊者向けのリーフレットには、このSOSボタンに関する記載は見当たらなかったのですが、現在も稼働するのでしょうか。

鏡の脇に備わる2口コンセントは現役時代から存在しており、電源確保は安心できそうです(→補足)。

【補足】

ちなみに後述するB寝台「ソロ」には個室内にコンセントがないため、電源確保が気になる場合は「シングルデラックス」を利用すると良いかもしれません。

ベッド上の小テーブル(左/上)とフットライト(右/下)。メガネなどを置く用途を予想したものでしょうか。

テーブルの縁取りなどは金色で、この車両が改造されたバブリーな時代を偲ぶことができます(笑)。

「シングルデラックス」室内 洗面台

洗面台の様子(左/上)と展開してみた様子。設備維持の観点から、小坂鉄道レールパークに移設されてからは使用禁止となっています。

扉とハシゴ

個室内のドア(左/上)まわりの様子。

壁側には2段ベッドとして使用する際のハシゴが収納されています(中)が、よく見るとハシゴの裏にもドアが設けられています。これは、隣の部屋とのコネクトドア1号室を除く全ての部屋に設けられ、双方の部屋から鍵を解除すると2部屋をつなげ、4人部屋として使用できる仕組みです。

このドアのおかげで個室の防音は今一つであり、特に深夜帯は隣室の住人がクシャミをするのが普通に聞こえてきます(笑)。消灯時間後はなるべく静かにしましょう。

【備考:小坂でのコネクトドア事情】

小坂鉄道レールパークへの移設後は、利用者向けリーフレットにこの「コネクトドア」の記載は特にありませんでした。現在は使用されていないものと思われます。

廊下

廊下(左/上)とドアノブ(右/下)の様子。

通路をざっと見渡した限りでは、現役時代から特に変わっている点は見受けられません。電球色の薄暗い照明に金色のドアノブ、手すりなど、豪華な雰囲気に満ちています。

デッキ

デッキの「非常口ピクトグラム」(左/上)と貫通扉のガラスに残る「A寝台」の文字(右/下)。

「静態保存の宿泊できるブルートレイン」は、法令上は建造物扱いのためこのピクトグラムが設置されています。この「ブルートレインあけぼの」は、曲がりなりにも一応走れるブルートレインですが法律上はあくまで建造物のようです。

おまけ:「電源車」

「ブルートレインあけぼの」の特徴に、電源車も一緒に保存されて稼働している点が挙げられます。写真がその様子。

ヘッドマークはやはり「あけぼの」ですが、こちらは昔ながらの文字のみのそれを掲出しています。

【余談:電源車を保存する意外なメリット】

ブルートレインの電気系統は、電源車からの給電が前提の設計です。特に客車の空調装置を一般家庭用の電源で動作させるのは現実的に不可能なため、(電源車がない)他のブルートレイン施設では、空調を新設するなど大掛かりな工事を行っています。

しかし電源車がある「ブルートレインあけぼの」なら、客車の空調その他電気系統の設備はそのまま使用可能です。ここを訪れた時に初めて知った

電源車ごと持ってきて保存すれば、車内の改造が少なくて済む

というのは、本当に目からウロコでした。

側面の様子(左/上)と、小坂駅ホーム上での様子(右/下)。

小坂駅ホーム上では発電機を止めて、ホーム設置のコネクタから電力を供給しています(→「備考」も参照)

【備考:貴重な「現役の電源車」】

寝台車の保存車は(宿泊できないものも含めて)全国に存在しますが、電源車の保存車、かつ現役で稼働しているのは、この「ブルートレインあけぼの」が唯一です。

訪れた時はぜひ、主役の寝台車を盛り上げる“名脇役”の姿も見てあげてください。

このページは4ページ構成です。次は>>B寝台「ソロ」編です。

目次

・A寝台
B寝台ソロ
B寝台
「ブルートレインあけぼの」へのアクセス

概説

デビュー年:2015年10月(小坂鉄道レールパークでの営業開始)

「ブルートレインあけぼの」とは、秋田県鹿角群小坂町に存在する「小坂鉄道レールパーク」の宿泊施設。かつて「あけぼの」として使用されていた寝台車3両と電源車1両を譲り受け、2015年10月より宿泊施設としての営業を開始した。

編成は4両で、開放型B寝台、B寝台「ソロ」、A寝台「シングルデラックス」及び電源車1両で組成される。「ソロ」「シングルデラックス」に宿泊でき、開放型B寝台は談話室として用いられている。
毛布、シーツは宿泊料金に含まれているほか、小坂鉄道レールパーク内にシャワー施設があり、宿泊者は無料で利用可能。

昼間は小坂鉄道レールパーク内の車両展示場(ホーム突端)に展示されているが、チェックインの受付が始まる前の16:30頃に小坂駅のホームに機関車牽引で移動される際、宿泊者は「動く寝台車」に乗車することができる。実際に動いている寝台車に乗車できるのは本施設が唯一(2016年10月現在)。

また、電源車であるカニ24を実際に「電源車」として用いているため、車内の空調などはそのまま使用されており、内装が現役時代と何ら変わりなく保存されている点も特筆に値する。

事前に予約することで朝食弁当の注文ができる(有料)ほか、飲食店やコンビニが徒歩圏内にある。

なお、営業期間は4月下旬~11月下旬のみで、冬季は休業。その他、車両整備などで不定期に営業休止となる場合がある。

タイトルとURLをコピーしました